プレゼントでいらないものは捨てるべきか悩んでいませんか?

こんにちは。当サイトを運営してます奈美です!

 

あなたは、元彼や元カノ、彼氏や彼女からもらった誕生日やクリスマスのプレゼントを捨てるべきがどうか悩んでいませんか?

 

私自身も、なかかな物が捨てられない性格もありとても悩んでいたのですが、そんなある日、ある言葉を知ることによってハッキリと分かったんです。

 

それは「断捨離(だんしゃり)」という言葉です。

 

「断捨離(だんしゃり)」とは、不要な物を減らして生活に調和をもたらそうとする思想なんですが、

 

当サイトでは、彼氏や彼女、元彼や元カノからもらったいらないプレゼントは、どのような場合捨てるべきなのかといったことを、断捨離の思想を交えながら作成しました。

 

もし、今、あなたが彼氏や彼女、元彼や元カノからもらったプレゼントを捨てるべきかどうか悩んでいるのでしたら、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

 

彼氏や彼女からもらったプレゼント。

 

若しくは元彼や元カノからもらったプレゼント。

 

当サイトをご覧いただいているあなたなら、誕生日やクリスマスといったイベントでプレゼントしたり、プレゼントされたりといった経験があると思いますが、

 

中にはせっかくのプレゼントなのに「がっかりした」や「うれしくなかった」という方も多いかと思います。

 

また、元彼や元カノからもらったプレゼントも、捨てたいけどどのように処分すればいいか分からずにすっとそのままにしているという方も多いのではないでしょうか?

 

確かに、物には捨てやすいものと、そうでないものがりますが、「思い出の品」や「写真」「記念品」「人からいただいたプレゼント」といった物は実際、なかなか捨てにくいですよね。

 

では、なぜ、こういった物は捨てにくいのかと考えてみると、それは人の感情がからみついているからあっさり捨てられないんです。

 

でも、いつかは処分しないと不要なものがどんどん増えて行くばかりか、その物を持っていること自体が問題になる場合もあります。

 

例えば、元彼や元カノからもらったプレゼントなど、現在別のパートナーがいる場合、見つかれば余計な検索をされたりと疑われかねませんし、それでトラブルになるのも嫌じゃないですか?

 

よって、こんなことにならないためにも、当サイトでは「人からもらった贈り物」の捨て方についてお話しして行きます。

 

ただし最初に断っておきたいのは、彼氏や彼女、元彼や元カノからもらった誕生日やクリスマスなどにもらったプレゼントは、もしあなたが「どうしても捨てたくない」と思うなら無理に捨てる必要はないです。

 

では、どんな場合に捨てればいいのかと言いますと・・・

 

  • 彼氏や彼女からせっかくもらったプレゼントだけど、趣味じゃない、身に付けたくない
  • 元彼や元カノからもらったプレゼントだけど、今となってはいらない

 

こういった理由でそのプレゼントを持ち続けているものの本当は捨てたい、けど、捨てると相手に悪い感じがすると思っている場合だけに捨てるのがおすすめの方法です。

 

この考え方はまさに先ほどお話した「断捨離(だんしゃり)」の考え方そのものですね。

 

なぜなら、そのプレゼントを捨てたいと思っているということは、そのプレゼント自体が自分にとって重荷になっていたり邪魔になっていることであり、

 

また、今後もそのプレゼントを愛用したり使ったりすることもない訳ですから、持っていること自体が無駄になってくるわけなんですね。

 

よって、こういったプレゼントは、無理に持っているより捨てたり、また売却して誰か別の人の手に渡った方が、物にとっても幸せですし、それを使う人にとっても幸せなこと・・・

 

こう考えれば、もらったプレゼントで捨てられるものとそうでないものの判断が付くのではないでしょうか?

 

女子がいらないと思うプレゼントベスト3

 

では、今までは「断捨離(だんしゃり)」という言葉から、彼氏や彼女からせっかくもらったプレゼントだけど、趣味じゃない、身に付けたくないといった場合は思い切って捨てたり売却するべきというお話をしてきましたが、

 

ここでは、女子が彼氏からもらったプレゼントが「ゴメン、正直言っていらない」と思った「女子がいらないと思うプレゼントベスト3」についてお話して行きます。

 

意中の彼女、または現在お付き合いしている彼女の誕生日やクリスマスにプレゼントを何を渡していいか悩んでいる男性の方、ぜひ参考にしてほしいと思います。

 

なぜなら、今、付き合っている彼女がいるならもちろんですが、意中の彼女の誕生日やクリスマスにプレゼントをあげる仲だということは、そこそこ以上に仲はいいはず。

 

良く言う「友達以上、恋人未満」っていう、とてもドキドキしたりワクワクしたりといった時期ですよね!

 

ということは、意中の彼女の趣味や欲しがっている物も、普段の会話の中からリサーチしたりして何となく分かっているはずなのですが・・・

 

それなのに、せっかく意中の彼女にプレゼントをあげても「ちょっとセンスがないな」とか「自分が欲しい物じゃなかった」とか、

 

他にもありとあらゆる理由で「正直いらない誕生日プレゼント」が発生してしまうことが結構あるんですね。

 

ホントのところ、あなたにも一度や二度は「このプレゼントいらないなー」って思ったこと身に覚えありませんか?

 

では、一体どのくらいの割合で「このプレゼントいらない」という経験があるのか、とある有名女性雑誌で行われたアンケートの結果がこれです!

 

いらないプレゼント、もらったことありますか?

 

ある 71%
ない 29%

 

何と、7割もの方が「このプレゼントいらない」という経験をしているから驚きですね。

 

しかもその理由をもっと追ってみると・・・

 

「違う人がもらったら嬉しいかもしれない」

 

何て回答もあったりして、女子の「プレゼントありがとう」の笑顔の裏にはこんなホンネが隠されていたりしていて、女子って怖いですね(笑い)

 

では、女子が「このプレゼントいらない」と思った誕生日やクリスマスプレゼントの「女子がいらないと思うプレゼントベスト3について発表しますので、早速見ていきましょう!

 

 

男子がいらないと思うプレゼントベスト3

 

では続いては「男子がいらないと思うプレゼントベスト3」についてお話して行きますね。

 

女性であれ男性であれ、彼氏や彼女、また意中の彼氏や女性の誕生日やクリスマスにプレゼントを渡して喜んでもらいたい!っていう気持ちは同じはずなんですけど、

 

男性へプレゼントしたい時にその気持ちを口にするとこう言われた経験ないですか?

 

「○○ちゃんからもらえるプレゼントなら何でも嬉しいよ!」

 

こう言われると多くの女性は「じゃあ、喜んでもらえるプレゼント一生懸命探そっ!」って、その言葉を真に受けてしまいがちですが、そこが大きな落とし穴。

 

その言葉をホンネと捉えれば失敗しちゃう可能性大ですよ。

 

男性って結構、ホンネと建前がシビアですから・・・

 

男性だって、女性とちょっとポイントは違うかもしれませんが、ちゃんと欲しい物とそうでない物はありますし、基本、そこには男性も女性も関係ないと思ってください。

 

では、ここからは、男性が誕生日やクリスマスにもらって「ちょっとガッカリした」という声が多かった「男子がいらないと思うプレゼントベスト3」についてお話して行きますので、

 

男性の本音をここはしっかりと直視して、せっかくなら喜ばれる誕生日やクリスマスプレゼント選びに役立てましょうね。

 

 

女子がいらないプレゼントを貰ってしまった時のホンネベスト3

 

大好きな彼からのプレゼントって、女子なら誰でも本当にうれしいですよね。

 

また、今は彼氏じゃなくても、ちょっとでも気になってる男子から、ホントに欲しかった物を誕生日やクリスマスといった大切な日にプレゼントされたりすると・・・

 

「この人、私のこと分かってくれていると思ってしまい、いつしかその男子を意識するようになった」(20歳・専門学校)

 

とか、

 

「いつも私の好きなことや物について話題にしたことがあったけど、しっかり考えてプレゼントしてくれたことが嬉しいし、今や彼のことが気になってしょうがない」(24歳・販売)

 

と、意中への女子へのプレゼントがキッカケで交際に繋がるかも知れないと思えば、プレゼント選びは本当に大切ですね。

 

でも気を付けて欲しいのは「何をもらっても100%うれしい!」ってわけでじゃないのが女子のホンネ。

 

彼氏には作り笑顔で一応「ありがとうー」と言ってはおきながらも、内心では「こういうのあんまり趣味じゃないな」とか「これはいらない、彼って私のことホントに分かってるの(怒)」って思っている場合も多いようです。

 

ではでは、ここからは「女子がいらないプレゼントを貰ってしまった時のホンネベスト3」についてお話して行きますね!

 

 

男子がプレゼントをいらないと言ったときのホンネベスト3

 

男子は女子より単純なんて言われますが、男子でもいろんなタイプの方がいますよね。

 

優しい人、おもしろい人、男らしい人・・・それは人それぞれですが、結構多いのがクールで無表情な男子。

 

実際、結構クールで無表情な感じの男子が好きって言う女子も実際多いんです。

 

確かにクールで無表情な感じの男子って素敵な面も多いんですが、実際に彼氏として付き合うと、ホンネが分かりにくくて・・・と悩んでいる女子も多いようですね。

 

また、せっかく、誕生日やクリスマスにプレゼントしようと思っても「プレゼントいらないよ」と言われたときは頭の中は「もしかしたら嫌われているの?」クエスチョン状態に。

 

でも、ここは一度冷静になって、男子の言葉の裏を探ってみましょう!

 

そうすれば意外と優しいんだなーと思ったり、また逆に知りたくもないような衝撃のホンネが隠されていたりするかも知れません。

 

ではでは、クールでも無表情でもないけど、彼氏のホンネが分からないと悩む女子の方へ、「男子がプレゼントをいらないと言ったときのホンネベスト3」について紹介して行きますね!

 

 

元カレ・元カノのプレゼントは捨てる派 vs. 捨てない派

 

誰もが経験する彼氏、彼女との別れ・・・

 

元彼や元カノとの別れ方によっては「もう顔も見たくない、思い出したくもない」という場合もあるし、逆にいい思い出になっている場合もあるのではないでしょうか?

 

ただ言えるのは、元彼や元カノとの思い出は生きている限りずっと忘れることはないということ。

 

ただし、元彼や元カノからもらったプレゼントは、捨てようと思えば捨てることができますが、とっておこうと思えばずっと手元に置いておくことができます。

 

では、あなたは、元彼や元カノからもらった誕生日やクリスマスのプレゼントは捨てる派それとも捨てない派どちらのタイプですか?

 

捨てる派、捨てない派の理由は様々ですが、意外な理由や事実もあるようです。

 

プレゼントを捨てる派の捨てる理由は「元彼や元カノより新しい彼氏や彼女が大切だから」

 

では、早速ですが、元彼や元カノからもらったプレゼントは捨てる派か捨てない派かについてのあるアンケート結果を見てみましょう!

 

元彼や元カノからのプレゼントは捨てる派 41%
元彼や元カノからのプレゼントは捨てない派 59%

 

このように、元彼や元カノからのプレゼントは捨てない派が約4割、捨てない派が約6割という結果から、半数以上が捨てない派になります。

 

ただ、捨てない派が多少多いといっても、その理由が「元彼や元カノと別れたばかり」や「新しい彼氏や彼女ができたら捨てるというタイミングを見図っている」とも考えられますので、実際のところは捨てる派と捨てない派の比率は半々かも知れませんね。

 

元彼や元カノのプレゼントを捨てるタイミングについて

 

では次に、元彼や元カノからの誕生日やクリスマスのプレゼントは、実際どのようなタイミングで捨てているのか見て行きましょう。

 

いざという場合にお金にするため

 

元彼は大手の商社マンでしたので、誕生日やクリスマスのプレゼントはいつもブランド物のバッグやアクセサリーでしたが、今は別れちゃったので、もし急なお金が必要になった場合のために換金できるよう捨てないでいます(笑い)(26歳・病院受付)

 

新しい彼氏や彼女ができたから

 

元彼からもらった誕生日プレゼントをそのまま持っていると、新しい彼氏にバレたら何かと面倒なので捨てちゃいました。(27歳・OL)

 

不要になったとき

 

元カノからもらった誕生日プレゼント。気にいってずっと使っていたけど、古くなったのでそのまま捨てました。(25歳・商社)

 

元彼や元カノのことが吹っ切れたとき

 

元彼との思い出がなかなか忘れられないまま、クリスマスにもらったプレゼントを捨てられずにいましたが、これじゃいけないと一大決心して捨てました。今は気持ちも切り替え新しい恋がしたいです。(28歳・看護師)

 

友人に元彼や元カノからのプレゼントを指摘されたとき

 

仲のいい友人から「いい加減、元彼からのプレゼントなんか捨てちゃいなよ」と指摘されたとき、ハッとして思い切って捨てました。(29歳・営業)

 

結婚したとき、結婚が決まったとき

 

元カノと別れて早1年、最近、今の彼女との結婚が決まったので、過去の元カノからの誕生日やクリスマスプレゼントは思い切って全て捨てちゃいました。バレるとまずいですからね。(32歳・自営業)

 

いかがでしょうか・・・このように元彼や元カノからのプレゼントを捨てる理由は様々ですが、やはり新しい彼氏や彼女ができて、元彼や元カノからのプレゼントの価値がなくなったと考えるときに捨てるパターンが多いようですが、

 

その一方では、友人に指摘されてやっとでプレゼントを捨てることにしたという意見も多いので、意外と自発的に捨てられないっていう人も多いようですね。

 

また、高価なブランド物のようなプレゼントは、いざというときのために換金できるように取っておくという現実派も結構いるようです。

 

この場合はもう、元彼や元カノとの思い出うんぬんじゃなく、もらったプレゼントに対し金銭的な価値だけを考えているとも言えますね。

 

それでも捨てるかどうか迷っているあなたへ・・・プレゼントを捨てる3つのコツ

 

では、ここまでは、元彼や元カノからもらったプレゼントは、どうしても捨てたいなら別ですが、捨てるまでの判断が付かないならば売却するという方法についてお話してきましたが、

 

それでもプレゼントを捨てるかどうか悩んでしまうという方も多いかも知れません。

 

もう終わった元彼や元カノからの誕生日やクリスマスのプレゼントなのに・・・でもこれって決してあなたが優柔不断だからという訳ではないんです。

 

なぜなら人と人と言うのは、ある意味ではプレゼントで繋がっている面もあるからなんですね。

 

プレゼント、つまり物をあげるということは、単に物が物理的に相手に渡るだけじゃなくて、その人の想いや感情をあげたり返したりすることなんですが、

 

それを捨ててしまうということは、プレゼントを贈る側の感情や想いまでを粗末にしてしまうように感じるからなんです。

 

でも、このままじゃ本当に元彼や元カノからのプレゼントを捨てられないですよね?

 

では、本題の元彼や元カノからもらったプレゼントを捨てる3つのコツについて詳しくお話して行きます。

 

元彼や元カノからもらったプレゼントを捨てる3つのコツ

 

1.プレゼントは捨てて、感情だけもらっておくこと

 

先ほどはプレゼントという物には感情が込められているとお話しましたが、どうしても元彼や元カノからのプレゼントを捨てる決断ができないなら、その「物」と「感情」を切り離して考えてみれば上手に捨てられるのではないでしょうか?

 

なぜなら、プレゼントに込められている感情は「プレゼントを贈ってくれた相手の自分を思ってくれる気持ち」なので、まずはそのことの感情自体には敬意を払います。

 

ただし、ここからがポイントなのですが、そのプレゼントが気にっているならば手元に置いておけばいいし、気にいらなかったら捨てたり売却する方法を考えればいいのです。

 

よって、いらないプレゼントは気持ちだけ受け取って、プレゼント自体は捨てたり売却すればいい訳です。

 

2.プレゼントに込められている感情の本質を見極めること

 

プレゼントといっても、その物がプレゼントされるパターンによって、そのくれた人の感情や想い、意図といったものが潜んでいるので、その感情を見極めれば捨てたり売却したりと判断しやすくなりますね。

 

例えば、決して好きじゃない相手からもらった誕生日やクリスマスのプレゼント。

 

また、私の友人でキャバ嬢をしている女の子がいるのですが、その子がお店に来るお客さんからもらった誕生日やクリスマスのプレゼント。

 

このようなプレゼントは、プレゼントして純粋に喜んで欲しいという想いもあるかも知れませんが、

 

その感情は「プレゼントした相手を自分の彼氏または彼女にしたい」という想いのはずなので、あなたにその気持ちに応える気もなく、もし捨てたいと思ったら捨てたり売却することが賢明です。

 

またプレゼントによっては「義理」でプレゼントされた物もあるはずですが、

 

このようなプレゼントも、決してあなたじゃなく世間や他の人を考えた上であなたに回ってきた物なので、これも同じく捨てたいと思ったら捨てたり売却すればいいのです。

 

3.年中プレゼントといった企業の商業主義に注意すること

 

プレゼントというとどうしても彼氏や彼女からの誕生日やクリスマスのプレゼントというのがメインかも知れませんが、

 

それ以外でもバレンタインデー、子どもの日、母の日、父の日・・・今や年から年中プレゼントというのが今の日本の現状です。

 

しかも最近ではハロウインなどといった元々は西洋の文化を日本に輸入し、さらなる行事でプレゼントを贈ろうと宣伝したり、

 

サラリーマンのボーナス時期になると「自分へご褒美をあげよう」何ていった企業の何としてでも消費者に買わせようという商業主義が見え隠れします。

 

このように、商業主義にすっかり乗ってしまうと、いつも間にか「プレゼントしないといけないのでは?」といった強迫観念にとらわれてしまい、本当にプレゼントを贈りたい気持ちじゃなく、惰性でプレゼントを贈ってしまったりということも結構あるんです。

 

しかしこういった場合でも、あなたへプレゼントされてきた時点で一旦冷静に、その感情をしっかりと考えてみて、いらない物はキッパリと捨てたり売却したりといった判断できるようになれれば、もうこれからも悩まなくて済むようになりますね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

このように彼氏や彼女、元彼や元カノからもらったプレゼントが捨てるにも捨てられず悩んでいる場合は、そのプレゼントがあなたに届けられた背景や感情を一度冷静に考えてみる。

 

そうして、そのプレゼントの本質が分かれば、その想いだけを受け取ってプレゼントは捨てたり売却するという判断ができるようになるはずです。

 

よって本当に好きな彼氏や彼女からもらったプレゼントなどは素直に喜んで受け入れればいし、そうじゃないプレゼントで「もらったけどどうしようか?」と悩むくらいなら、そのプレゼントはキッパリと捨てたり売却したほうがいいですね。

 

でも、ここでちょっと待ってください。

 

高価なブランド物のようなプレゼントは、いざというときのために換金できることを忘れていませんか?

 

よく彼氏や元カノからもらった誕生日やクリスマスといったプレゼントはキッパリと捨てて忘れてしまうっていう方法も確かにあるようなんですが、

 

それではお金だけじゃなく、そのブランド品に込められた歴史や思い、こだわりといった物まで捨ててしまうことになりかねません。

 

ブランド品には徹底した品質のこだわりがあるこそ捨てずに伝承すべき

 

元彼や元カノからもらったブランド品のプレゼント。

 

それはバッグや財布、アクセサリーといった様々なプレゼントがありますが、ここで一度考えていただきたいのが、そのブランド品一つ一つに徹底した品質のこだわりがあることをぜひ知ってほしいのです。

 

では、ブランド品の徹底した品質のこだわりについて少しお話して行きますね。

 

例えば、世界的にもハイブランドの代表として知られているルイ・ヴィトンですが、実は見えないところでこれだけのこだわりを持って作られているのです。

 

1.一般の製品とこだわりの基本がそもそも違う

 

一般の製品は普通何よりもコストパフォーマンスを第一に考えるものですが、ルイ・ヴィトンの場合は「卓越した品質の製品」「こだわりの品質の製品」「物語のある製品」が重視されています。

 

その例を挙げてみますと、ルイヴィトンの代表的な製品として知られている花がらとLVという模様が配置されたおなじみのデザインで有名なモノグラムですが、実はLVの柄が必ず製品の正面になるように作られているんですね。

 

しかも製品の構造上、正面への配置が難しい場合は左右対称に配置されている。

 

よって、通常の製品のようにマークや柄がずれるなんてことはルイヴィトンにとってはあり得ない話なんです。

 

2.セカンドラインやライセンス生産をしない

 

一般的な製品はセカンドラインを持って廉価版の製品を作ることはしませんし、またライセンス生産も行っていません。

 

なぜならライセンス生産をしてしまうと、ルイ・ヴィトンのロゴが付いた製品が乱発し、ブランド自体の価値が下がってしまうからなんですね。

 

もしルイ・ヴィトンのスポーツタオルやトイレスリッパがあったら、ハイブランドとは思えなくなってしまいますよね。

 

3.バーゲンセールを一切しない

 

ルイ・ヴィトンは一見すると高価ですが、その生産過程を考えると決して安くはないと言われています。

 

例えばバッグの留め金具一つとっても、そのバッグが使われる頻度や耐久性についてオーバースペックとも言えるくらいのテストが行われた上で製品化されているので、まず壊れるといったことはないのです。

 

よって、このような品質へのこだわりがあるのでバーゲンセールは一切行いませんが、それはルイ・ヴィトンを購入したカスタマーにとって、その商品の価値がいつまでも変わらないという、持つことへの喜びと誇り、安心感をもたらしているのですね。

 

 

いかがでしたでしょうか・・・

 

ブランド品だからこそ、そのプレゼントの気持ちだけを受け取り、プレゼント自体は、そのブランドの持つ品質やこだわりを尊重しながら捨てずに売却し伝承して行く。

 

そうすることによって、そのブランド品が次のユーザーに愛用し続けられて行けば、最初はプレゼントだったブランド品が、ずっと価値を持ち続けて行く・・・

 

これって、とても素敵なことだと思いませんか?

 

元彼や元カノからプレゼントされたブランド品に価値を見い出す?

 

では、元彼や元カノから誕生日やクリスマスなどにプレゼントされたブランド品を捨てずに価値を見出した方の体験談や声を紹介しますね!

 

「元彼からプレゼントされたブランド物のバッグ。元彼の浮気が発覚して別れたからムカついて捨てようと思ったけど売ればお金になるかなと思って・・・」(24歳・OL)

 

「元彼からもらったブランド物のバッグ。安物ならともかく高価なブランド物は職人さんが高い技術で作った物なので、ただ捨てるだけじゃ失礼な感じもして・・・」(32歳・歯科技工士)

 

「元彼からクリスマスにプレゼントされたブランド物の時計。不要になったので売却してきましたが、次に買った人に大切にされればいいなと思います」(23歳・自動車販売)

 

このように、ブランド品は作る手または使う手側にとっても価値がある物なので、ただその時の感情捨てるのではなく、どうせなら売却してお金にして、次に買った人にも使い続けて欲しいという人も結構多いようですが・・・

 

これって実はとても賢く正しい判断だと言えると思うんですよね。

 

それはなぜかと言いますと、先の元彼や元カノからもらったプレゼントをただ捨てないで買取店等に売却した体験談を見れば分かると思うんですが、その理由が・・・

 

  • 「高価なブランド物は職人さんが高い技術で作った物なので、ただ捨てるだけじゃ失礼な感じもして・・・」
  • 「ブランド物を不要になったので売却してきましたが、次に買った人に大切にされればいいなと思います」

 

と、そのプレゼント自体の価値を大切にしているということなんです。

 

だって、そのプレゼントは、そのときは本当に好きだった元彼や元カノからもらった物。
つまりその時その時の、想いや愛情が詰まったプレゼントであったことには間違いないですし、

 

しかもそれがブランド品ならば、そのプレゼントは、職人さんが高い技術を持って完成させて逸品であり、そこには職人さんの「大事に末永く使って欲しい」という想いが込められているからなのです。

 

なので、もう終わった恋の証のように見えてしまうブランド品のプレゼントかも知れませんが、そのプレゼントを売却することで様々な想いを次の人へ伝えて行けばきっと大切に使われたり喜ばれる訳ですし、しかもそれがお金になる訳ですから、もう迷うこともないのではないでしょうか?

 

ブランド品の買取はどこが高い?口コミで評判のおすすめは?

 

では、ここからは、元彼や元カノ、または今の彼氏や彼女から誕生日やクリスマスなどでもらったブランド品のプレゼントをどこで売却すればいいのか?ということについてお話して行きたいと思います。

 

せっかくプレゼントでもらったプレゼント・・・できる限り高い値段で売却したいですよね。

 

では、どこでブランド品を売ればいいの?となると思いますが、できる限り高価で買取してもらうためのお店選びには、下記の2つのポイントがあります。

 

1.ブランド買取の専門店を利用する

 

ブランド品を買取してもらうと考えると、どこにでもある全国展開の買取チェーン店に売ればいいのか?と考える方も多いかと思いますが、ハッキリ言っておススメできません。

 

その理由は「ブランド物の買取を専門にしていないこと」に尽きますね。

 

良く考えてみていただければ分かると思うんですが、国展開の買取チェーン店の場合、そのお店ではブランド品以外でも、家電や雑貨、本、CDやDVDといった様々なジャンルの物が売られていますよね?

 

しかも経験のある方なら分かるかと思うのですが、その買取額はとても低い場合が多いです。

 

よって、これらの理由から、ブランド品はブランド品買取の専門店に買取を依頼すべきなのです。

 

こういったブランド品買取の専門店には、商品知識が豊富なベテランの買取スタッフがいますので、高価買取を狙うなら「ブランド品買取の専門店」に依頼しましょう。

 

2.宅配買取サービスや、自宅出張査定を行っているブランド品買取店を利用する

 

「ブランド品はブランド品買取の専門店へ依頼すべき」ということでお話してきましたが、ブランド品の買取店には「店舗型」と「宅配・自宅出張査定」の2種類があることはご存知でしょうか?

 

確かに「店舗型」であってもブランド品買取の専門ですから、それなりの高価買取はしてもらえるはずだと思いますが、デメリットも考えられるんですね。

 

それは、ブランド品を査定に行く際に、もし傷付けたり盗難に遭ったりといったリスクが全くゼロとは言い切れないからなのです。

 

また、私が友人のキャバの子から聞いたのですが・・・

 

ひどいキャバ嬢になると、指定したお客さんからのブランド品のプレゼントをそのまま勤めているキャバクラの近くの買取店で買取してもらってお金にしているらしいのですが、そのお店には、その指定したブランド品がずらりと並んでいるとか・・・

 

よって、店舗型の買取店だと、売却したことが何となく疑われてしまうリスクもありますね。

 

それに対して「宅配・自宅出張査定」の場合は、宅配買取サービスによって買取して欲しいブランド品を送るだけで査定してもらえたり、買取店の専門スタッフが自宅へ出向いて査定する出張査定の2パターンがあります。

 

これなら売却したいブランド品をお店に持ち込むまでに傷が付いたとか盗難されたといったことがないばかりか、売却したこと自体がバレることもないので、安心して利用できるのでとても便利です。

 

では、私がおススメする「宅配・自宅出張査定」サービスの、ブランド品高価買取店を紹介して行きますね!

 

おススメの「宅配・自宅出張査定」サービス・ブランド品高価査定買取店

 

ブランド品の高額宅配買取【RECLO (リクロ)】

 

 

RECLO(リクロ)はハイブランドの高価買取で有名ですが、
ヴィトンやエルメス、シャネルの様なハイブランド品の高価買取を中心にラグジュアリーブランド全般の買取も行っています。

 

高価買取を依頼する方法としては・・・

 

鑑定申込みをすると最短当日に配送業者さんが来るので、品物を渡して後は専任の鑑定士の鑑定を待つだけです。

 

PC・スマホでわずか60秒のカンタンお申込!
しかもお客様負担0円の高額買取サービス!!

 

元彼や元カノからの誕生日やクリスマスといったプレゼントを思い切って高価買取に出してリフレッシュしませんか?
オススメです!

 

▼▼「高額買取〜ブランド品の宅配買取&委託販売〜【RECLO (リクロ)】▼▼

 

 

ブランドの高価買取専門【買取プレミアム】

 

 

ブランドの高価買取専門【買取プレミアム】は、業界内でもトップシェア級の規模を誇るブランド品の高価買取で有名ですが、その特徴は・・・

 

買取業界の中でも少数派の『出張買取』を行っていて、しかも『全国対応』しているところがポイントですね!

 

よって自宅に居ながら高価査定してくれるので、あなたの希望する日時を指定するだけなので、忙しい方でもとても簡単に査定を依頼できます。

 

また、ブランド品全般において幅広い高価買取を取り扱っているので、ブランド品ならどんな物でも高価査定買い取りを依頼できるのがいいですね!

 

▼▼ブランドの高価買取専門【買取プレミアム】▼▼

 

 

ブランド品の高価買取【スピード買取.jp】

 

 

ブランド品の高価買取【スピード買取.jp】は出張買取で、顧客満足度No.1!

 

坂上忍さんの宣伝でおなじみのスピード買取.jpは、何と申込みから最短30分であなたのご自宅に熟練査定員がお伺いし、その場で高価査定!しかもその査定額に納得してもらえばその場で現金を受け取れるのがすごいですね!

 

なお、24時間365日、ブランド品の高価買取査定を受付中で日本全国どこでもスピード対応!

 

今すぐ不要のブランド品を売りたい方へおススメです。

 

▼▼ブランド品の高価買取【スピード買取.jp】▼▼

 

 

まとめ

 

当サイト「プレゼントいらない物は捨てるべきか?元彼・元カノ・彼氏・彼女から」を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

元彼や元カノからもらったクリスマスや誕生日などのプレゼントは、なかなか捨てにくいのが現実だとは思いますが、ぜひ「断捨離(だんしゃり)」の意味のとおり、不要な物を減らして生活に調和をもたらしスッキリすることも大切なのではないでしょうか?

 

しかも、今回紹介した、ブランド品の高価買取を利用して売却することで、あなたのプレゼントを次の人に愛着を持って使ってもらえれば、売った甲斐もありますし、よりブランド品としての価値を高められるはずです。

 

しかもお金が入るのですから言うことないですよね!

 

当サイトが少しでもあなたのお役にたてれば幸いです。